―「書く」が楽しくなる―【座学】
6月からリニューアル!

 
近年「美文字」という文字をよく見かけるようになりました。
「美しい文字」には「身体の運動」が現れ、
その者の手の周りの空間や息吹が見てとれます。

本講座では「かく」の始まりと書史から
「美しい文字」を書くために
身体の運動が重要であることを学び、
みなさまにとって「書く」ことを
より楽しめるようになればと思います。

※書道の道具は必要ありません。
 
*****

【講座概要】

■6月28日(火) 10:10~11:00
①「かく」の始まりと媒体の変遷
・「かく」の始まり 甲骨文 金文
・「かく」媒体の変遷 木簡・竹簡の文字

■7月 ※2回
②「かく」の実態 篆書・隷書
③書聖・王羲之の存在と影響 ~唐の三大家・四大家~

■8月 ※2回
④宗の時代の狂草の「書く」運動の競い合い
⑤日本列島にたどり着いた文字のゆくえ

※6~8月計5回の講座ですが、
1回のみの参加でも理解していただける構成になっています。  

多くの方のご参加を心よりお待ちいたしております。

※松尾氏による
「先人たちの『一』」の臨書(お手本にして書く)の動画です。
ぜひご覧ください。


*****

【講師】松尾桃空
(まつおとおくう)

【参加費】2,900円(税込)
初回:1,900円(税込)
(一般の方、NAS会員様、どなたも参加可能です)

【参加方法】 Zoomにてご参加ください。


▼詳細&予約ページ▼
https://coubic.com/nas_online/519410
※初めてNAS LIVEに参加される方は、
予約サイトCoubicの登録(無料)が必要です。

閉じる